フォームの共通設定

フォーム設定は全フォーム共通の設定です。
AForms 1.2.1時点では、ここには自動見積の計算方法に関する設定だけがあります。

税の表記方法

税の表記を内税にするか外税にするかを決めます。
「内税」にした場合、各見積項目の料金の合計がそのまま総額になります。
「外税」にした場合、各見積項目の料金の合計に、税がプラスされた金額が総額になります。

税率

税の表記を「外税」にした場合の税率です。
税の表記を「内税」にした場合は使われません。

端数の処理方法

見積の計算の過程で端数(小数)が出た場合の処理方法です。
「切り下げ」と「切り捨て」が紛らわしいですが、「切り下げ」はマイナス無限大の方向に数値を揃え、「切り捨て」は0の方向に数値を揃える、という違いがあります。
たとえば-99.9は、「切り下げ」なら-100に、「切り捨て」なら-99になります。

端数処理のケタ

端数を処理するケタを設定します。
「1」だと小数第二位のケタを処理して小数第一位(0.1のケタ)までを表示します。「2」だと小数第三位のケタを処理して小数第二位(0.01のケタ)までを表示します。
「0」だと小数第一位のケタを処理して整数を表示します。

日本人向けのフォームなら通常は「0」と記載することになるでしょう。

0 0